読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花嵐がくるよ again

読んだ本や、趣味の話を気ままに書きます(予定)

【ボードゲーム】CASTELLION(カステリオン)について はじめに

ボードゲームはみんなでワイワイやるのも楽しいですが、そんな相手に恵まれない人もいますよね。あ、これ自己紹介です。

 

またアナログゲームの中でも、ソリティア(1人用)はどーも人を選ぶ。だってひとりで遊ぶならデジタルのゲームがあるじゃないですか。しかしそこであえて、ソリティアをいくつか手に入れたので、これから複数回にわたってその話を書いていきます。

 

で、タイトルにあるCastellionはそういったソリティアのひとつです。

(ただし2人で協力して遊ぶことも可能)

2015年冬に発売され、日本語版は2016年8月現在、まだ出ていません。

 

カステリオンは、オニヴァースという夢の世界を舞台にしたシリーズの第3弾で、Z-MAN games社(リンク先は英語サイト)から発売されています。(ちなみに同社は日本でも大人気のボドゲカルカソンヌ」もリリースしています。閑話休題

 

第2弾までは国内だとホビージャパン社がライセンスを得て日本語版を発売しています。第1弾のタイトルは「オニリム」で、第2弾は「シルヴィオン」。そのうちこれらの感想なんかも書ければなーと思っていますが、カステリオンは日本語訳がうちにはないので、ルールなどを翻訳していくことになります。

 

で、その個人的な翻訳の結果をここに載せていこう、と。

ネットを探しても、英語で書かれたあれこれは見かけても、日本語だと見つからなかったのもあります。

いわば個人メモの公開なので、翻訳がちゃんとしてなかったりするかもしれません。

 

でも、そのあたりは大目に見ていただければ、と思います。