読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花嵐がくるよ again

読んだ本や、趣味の話を気ままに書きます(予定)

【ボードゲーム】CASTELLION(カステリオン)について その5 エキスパートレベル&拡張ルールを遊んでみた

ボードゲーム

エキスパートレベルはトレイタータイル2枚で試練に遭遇するため、タイルの引きがかなり重要になってきます。運に左右されるパズルといったおもむき。

 

さて、いよいよメナスと対決ということで、まずは通常ルールでのクリアを目指します。

3枚目の試練はこれ。

f:id:flowercut:20160920182655j:plain

カードに描かれているメナスの化身はホード(イナゴの大群)です。がおー。

黒枠のトレイタータイルを2枚引いちゃったので、どうにもならず。

そして局面がこちら。

f:id:flowercut:20160920182947j:plain

横に4列まではできていたんですが、あと1列ができずに敗走。

メナスの侵攻を止められませんでした。夢世界オニヴァースは滅亡じゃ。

おお勇者よ、なさけない……。

 

といっても最初に遊んだときは、てっきりクリアしたと思ってたので、続けて拡張レベルへ。(写真を確認して、クリアできてないのに気づきました)

 

拡張レベル<パントリー>は、6枚のパントリータイルを

試練1までに2枚、試練2までに4枚、試練3までに6枚、城に混ぜるというもの。

できなければその場で敗北。ぷよぷよで言うところの「お邪魔ぷよ」みたいなもので、

パントリータイルはフォーメーションとしてはカウントできません。

 

また、パントリータイルはいったん捨ててもいいんですが、カメレオンの能力などで復活させておき、試練までに既定の数が必要です。

f:id:flowercut:20160920183629j:plain

紫色の下線が引かれているのがパントリータイル。6枚あります。

赤いのはジャグラー(置かずに捨てれば、場のタイルの上下左右を1度だけ入れ替えられる)

 

拡張ルール<パントリー>は、エキスパートレベルのルールが適用されるので、

まー、やってもやってもクリアできない。

 

序盤は縦4枚で塔を作って試練カードを開きつつ、横4枚もあると便利といった感じ。

(トレイタータイルを捨てるとき、城から減らすタイルが1枚少なくなる)

要塞はあまり役に立ちません。試練を避けて規定枚数ぶん城を破壊するより、素直にクリアした方がマシ。

 

それでもなんとか試練3までこぎつけました。

f:id:flowercut:20160920183920j:plain

カードに描かれているのはアースワーム。

地面を食い破って、変身したメナスが城の土台を破壊します。

でも、これは引きがよかった!

 

実は今回、初めて36マスを埋めることによって試練に遭遇という形。

f:id:flowercut:20160920184103j:plain

当然、土台は十分あり、この状態で下半分を排除すればクリア。

パントリータイルも6枚あり、破壊される位置には置かれていません。

やったー!!!

メナスは城の破壊をあきらめ去っていき、オニヴァースの平和は守られたのじゃよ。

 

とまあ、

正直なところ、メナス&パントリーは難しすぎて、あまりにクリアできないのでストレス溜まります。軽く遊ぶには全然向いてません。やるなら1~2時間は欲しいところ。

ちょっと遊ぶなら、中級レベルがやりやすくていいかなーと思います。

上級レベルは、かなりやりごたえあり。

 

すべての追加ルールを遊んだわけじゃないんですが、一通りクリアしたので、カステリオンの記事はこれで一区切りとします。めでたし、めでたし。